メールでのお問い合わせ  中古住宅 マンションリノベーション 京都 中古住宅 マンションリノベーション 資料請求
お問い合わせ 中古住宅 マンションリノベーション 京都電話でのお問い合わせはこちらから

断熱性能が健康に与える影響



こんにちは。京都で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす京都の津野です。


先日の記事に引き続き、
今回も断熱と健康のお話です。

むくむくはうすが昨年発行した雑誌、

「エコで賢い家」

の中でも、断熱性能が健康に与える影響
という特集記事があります。

この記事に関しては、
近畿大学建築学部教授の岩前篤先生にお話を伺っています。


IMG_0181.JPG


一部、記事をご紹介します。

「暑さ」よりも「寒さ」への配慮を


断熱施工に力を入れている住宅の施工会社さんとお話をしていると、
お施主様が新居で暮らし始めてから

「風邪をひかなくなった」とか
「アトピーが改善した」

などの転居後の変化を聞く事が、
以前からありました。

実際はどうなのかデータできちんと
示したいと考えて、2万人を対象とした
アンケート調査を2009年に実施し、
その後も拡大して調査をしています。

この調査では、住宅の断熱性能を高くしたことで、
今までに感じていた健康上の問題、
例えば「アトピー性皮膚炎」や
「気管支ぜんそく」が改善されたほかに、
「体調がよくなった」「風邪をひきにくくなった」
と感じている人が多いことがわかりました。

そもそも、これまで住宅メーカーや工務店は
断熱についての説明をするとき、
「快適さ」や「エコ」に重点を置いていました。
しかし、「快適さ」の感じ方には個人差があります。

ところが、視点を「健康」に変えてみると、
住まいを高断熱にすることの大切さが数値的にも明らかになりました。

2015年6月に発表されたある論文では、
日本で低気温によって死亡している人の数は、
毎年10万人から12万人にのぼっています。

この数は年間の死者数の10%に相当します。

一方で高気温の影響で亡くなっている人はわずか約0.3%。
その30倍以上の人が寒さによって亡くなっているのです。

寒さが原因というと、いわゆる心臓や脳などの
血流の病気に起因するヒートショックを思い浮かべますが、
ヒートショックで亡くなる人は年間で1万数千人ですから、
寒さが原因で死亡する人の10分の1程度です。

残りの90%は免疫力の低下などで、亡くなる場合が多いのです。

IMG_0182.JPG



記事はまだ続きますが、
断熱と健康は密接にかかわっていますね。

断熱性能が上がると、
抱えていた健康上の問題が解決する。
免疫力の向上にも影響するんですね。

こんな情報をむくむくはうすではお伝えできます。
まずはあなたのお悩みを教えていただくことからスタートしましょう。
大切なのは、どう今後暮らしていきたいか?です。




↓資料請求は下記から!
seikyu01.jpg






ライフスタイルの変化は住宅にも影響しますよ!




こんにちは。京都で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす京都の津野です。




だいぶ暖かくなってきた今日この頃です。
今の時期は卒業式や入学式が多いですよね。

住宅も子供の成長に合わせて大きく用途が変わってきます。
そんなご相談も数多くいただく時期ですよね。


成長に合わせての変化で多いのは、
子供部屋に関してです!!

子供部屋の仕切のレイアウト

ライフスタイルの変化、それは子供の成長に対しても。
「下の子が大きくなってきて、部屋を仕切りる必要が出てきた」
「ただ、どうやったら仕切りができるのかわからない」

子供さんの成長に合わせて、小学校の4年生と科になると一人の部屋を欲しがりますね。
女の子、男の子で違いはあるんですけどね!
もっと成長すると、生活リズムも変わってきます。受験などが絡むと
なおのこと。小さいお子さんとの生活が気になりますよね。
そんな時には、子供部屋を仕切るリフォームをお勧めしますよ!


子供部屋の仕切り方・間取り

ただ、質問にもありましたが、どうやって仕切りを入れるかですよね?
子供部屋の仕切り方にはおおきくわけると3種類。
お子さんの成長や性別に合わせて考えることをおすすめしますよ!

(1)2部屋に分ける

 最も一般的な仕切り方。部屋の真ん中に壁を作り1つの部屋を2つにする方法です。
 この場合、個人スペースが確保され、それぞれが独立して生活できるところがメリットです。
 大きくなって生活リズムがズレてきても影響が少ない間取りだと思われます。
 元々、子供部屋を仕切る予定の作りであれば壁を作るだけのリフォームになるので、費用も少なくて済みます。
 考慮すべきは生活スペースの問題。極端に狭いときには仕切り自体難しいですね。また、いったん仕切りを入れてしまうと
 間取りの変更をすることがなかなかできないのもあります。

(2)共有スペースを設ける

 勉強する場所を一緒にし、寝る場所は分けるという間取りです。
 これであれば、兄弟姉妹の交流もありつつ、パーソナルスペースを確保した仕切方と言えます。
 その代わり、個人の部屋自体は小さくなるのが難点です。
 (1)に比べて造作が多くなるので費用も多くなるでしょう。
 また、こちらもできる、できないがあります。

(3)部屋を完全に仕切らない

 子供部屋の仕切りを完全に設けず、一部を目隠しのように使う仕切方です。
 こうすることでお互いの気配を感じつつ生活できるので、仲の良い同性のご兄弟にはおすすめです。
 一部があいているため、空調が1つで済むので光熱費・初期投資の費用が少なくて済みます。


このように成長に合わせて、住宅の間取りを変更することは、
家族でいれば当然出てくる変化です。


実際には、成長することを見越して、新築時からプランを考えておくことをお勧めしますが、
リフォームでも対応できますよ!

↓資料請求は下記から!
seikyu01.jpg

京都の団地を買ってリノベーション?


こんにちは。京都で中古住宅・団地・マンションのリノベーション、
自然素材を使った新築・注文住宅を建てるなら、
環境に正しい循環可能住宅を建てるブランド
むくむくはうす京都の津野です。

8月、暑い日が続きますね。
こんな暑い日にはさっと帰ってビールでも一杯。。
というのがいいですよね~

さて、むくむくはうすでも相談をもらうことがあるんですが、
団地ってリノベーションできるの?という相談。
団地のリノベーションに関して今日は解説をしたいと思います。

danchi01.jpg


団地リノベーションって何?


そもそも、団地とはなんでしょうか?Wikipediaによると、

団地だんち、生活または産業などに必要される各種インフラおよび物流の効率化を図るために、住宅もしくは目的・用途が近似する産業などを集中させた一団の区画もしくは地域、またはそこに立地している建物および建造物を指す。 団地の語源、「一団の土地」または「一団の地域」。 日本国内における法律上の意味として、都市計画上工業地域・住宅地などを新たに計画して建設されたものを指す。 一般的に住宅の集合体を指し、建物の区分所有等に関する法律において、一団地内に数棟の建物があつて、その団地内の土地又は附属施設がそれらの建物の所有者の共有に属する場合に団地としての扱いを受けるものされている(65条)。

団地 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/団地

なんですね。
イメージとしては、(あくまでも主観的な感想ですよ!)
古いとか、狭いとか。そんなイメージ。もちろん、そうではない団地も
沢山あると思うのですが、皆さんはどんなイメージでしょうか?

団地に住むメリット


・家賃が安い
・ご近所に困らない
・知り合いが多いのでいざとなった時に安心
・集合施設なので、スーパーなどの施設が充実

団地に住むデメリット


・エレベーターがない
・古い
・壁や床が薄い
・狭い
・近所付き合いが大変

総合的に見ていくと、お金の面のメリットが大きいですが、古くて狭いというのがデメリットで多いと思います。
ただし、地域によって様々な条件があるので、一概に言えないですが、
家賃が安いということは、販売していれば相場に比べて割安に取得できる可能性があるということですね。

どんな人に向いてるの?

子育てをされている家庭には向いていると思います。
やはり、会談などでの移動があるので、高齢の方は移り住むには少し不便があるかと思います。

自分の思い通りに(とはいっても規約があるので、そのあたりは十分調べたほうがいいと思いますよ!)
リノベーションをして暮らしていける可能性があります。
しかも相場よりも安く。

間取りは田の字型の間取りが多いので、住まい方によって間取り変更が可能。
調査は必要ですが、開放的な間取りにして、対面キッチン。なんてプランも可能かもしれないですね!
押し入れなどがある部屋が多いので、収納にも困りません。
夢のマイホーム。手が届くお手軽な物件を購入してリノベーションというのもありですね!

danchi02.jpg

団地リノベーションまとめ

自分が思い描く住宅に住むには、まず重要なのは優先順位を整理することです。
予算や、立地もありますが、まずは自分が、家族がどんなふうに楽しく生活をする場なのかを整理していく必要があります。
そんな選択肢の中に団地リノベーションという選択肢もありですよね?

とにかく、住宅選びは一生で数回あるかないかなので、わからないことだらけ。
あなただけでなく、皆さん必要な情報を収集されて勉強してから後悔のない住宅選びをされています。

迷ったら、地元のプロに相談するのがいいと思います。
まだまだそんなことは不安だ!とおっしゃるのであれば、情報収集からでも構いません。
お気軽にリノベーションのプロ、むくむくはうすにお問い合わせくださいね!



お問い合わせはこちらから

京都 中古住宅 マンションリノベーション


  • はじめにお読みください 中古住宅 マンションリノベーション