メールでのお問い合わせ  中古住宅 マンションリノベーション 京都 中古住宅 マンションリノベーション 資料請求
お問い合わせ 中古住宅 マンションリノベーション 京都電話でのお問い合わせはこちらから

土佐材

土佐材とは?

森林率日本一・森の国高知の県産材

森林率日本一、県土の84%を森林が占める高知県では、豊かな自然とその恵みを生み出しています。

そんな森林率日本一。森の国・高知の県産材が「土佐材」です。


土佐材は、太閤秀吉から「日本一」といわせたことで、全国に知られる銘木になりました。江戸時代の初期には大阪城などの修築を始め、大きな戦乱に巻き込まれた大阪の町の復興にも多くの土佐浅井が使われるなど昔から全国で広く利用されています。


土佐材の紹介

土佐ひのき

材の芯のあざやかな赤身と強い香りが特徴で、油脂分を多く含んでいるため、年月を経るごとに光沢がまし、耐久性も高いのが特徴です。


こういった高知県産ひのきの特徴が評価され、京都の西本願寺の修復や新国立劇場の舞台の床材にも使われています。


土佐すぎ

全国的にも有名な「魚梁瀬すず」や心材部の色が淡いピンク色で美しい「嶺北すぎ」など、高知県内各地に杉の産地があります。まっすぐで色目がよく、主に構造材に適していて、古くは京都二条城や江戸城の築城にも用いられたといわれています。板目でもうつくしい目合いが見られるのも特徴です。

土佐漆喰

土佐漆喰とは、土佐で産する純度の高い真っ白な石灰石を原料にしている漆喰です。重油焼成ではなく伝統的な徳利窯で切開に工業塩を加えてゆっくりと焼成して、粒度の多きい消石灰が得られます。

スサに発行藁を使用することにより、一般の漆喰が必要とするツノマタなどの糊を使用しません。
これらの生成上の特徴により、様々な長所を持ち合わせています。例えば、糊を使わないので漆喰壁に水が入っても戻りがないため、屋外に使用しても剥がれ落ちる心配がありません。


土佐和紙

千年の歴史を持つ土佐和紙。その伝統技術を生かした和紙壁紙は昔ながらの楮、三椏(みつまた)など自然の植物から作られています。紙自体が自然呼吸しているので温度や湿度をコントロールしてくれるだけではなく、日光や照明の明かりを柔らかくしてくれるだけではなく、日光や照明のあかりを柔らかくしてくれる効果も。環境にも住む人にもやさしいエコ素材です。現代の暮らしに似合うモダンなニュアンスに漉きあげています。障子紙、襖紙も漉きあげています。

木製品

インテリア家具から生活雑貨・おもちゃなど、味わい深く温かみのある高地ならではの木製品も数多く生産されています。安全安心な自然素材で、その多くが間伐材を利用したエコロジー商品です。



  • はじめにお読みください 中古住宅 マンションリノベーション